If you know a little bit Japanese, try to read the Japanese one too, 勉強になりますよ、頑張ってください!

From Japanese Pod 101;

「大」と「太」と「犬」。この三つの漢字はとてもよく似ています。それぞれどのような成り立ちで生まれた文字なのでしょうか。

まず、「大」は人間が手足を広げて立っている様子を記号化した漢字です。手を身体につけて立ったり、手足を曲げて座ったりしている姿よりも大きく見えることから、「おおきい」という訓読みや「たっぷりとしてゆとりがあるさま」という意味を持つようになりました。

次に、「太」は「大」の文字が「たっぷりと、ゆとりがある」という意味を持つのに類似していて、「たっぷりとふくれている様子」「豊かであるさま」「ゆったり落ち着いている姿」という意味を持っています。しかし、元来は「泰」という文字を使っていました。これの省略した文字として「太」という漢字が使われるようになったのです。「泰」の文字は中央下に「水」を表わす記号を書き、その周囲に「両手」を表わす横線と「大」を加えることで成り立っています。つまり、「両手でたっぷりと水を流す様子」を示しているのです。「大」という部分は「たっぷりと」という意味だけでなく「タイ」と読む発音も表わしています。

最後に、「犬」です。これは後ろ足二本で立っている姿を記号化したもので、右上の「、」は耳を表わしています。だから「大」や「太」とは関連がありません。ちなみに、「ケン」という読み方は犬の鳴き声を真似した発音です。
—————————————-

大 “big”,  太 “fat” and 犬 “dog”. These three kanji look very similar. How did each character come about to be.

First, the character 大 came from symbolizing the appearance of a person standing with the arms and legs spread apart. Since it looks bigger than a person standing with the arms by the side or when the arms and legs are bent in a sitting position, it has the kunyomi (type of Japanese reading of character) of “big”, and it also came about to have the meaning of “plentiful and having ease”.

Next, the character 太 resembles 大 meaning “plenty, ease” and has the meaning of “appearing full and plenty”, “luxurious”, “being calm and relaxed”. However, the character 泰 was originally used. By abbreviating this, the kanji 太 started being used. The symbol 水 “water” is written in the bottom center of the character 泰, and it is made of horizontal lines surrounding it representing both hands, and adding 大. In other words it indicates “plenty of water flowing through the hand.” The 大 does not only mean “plenty”, but also represents that it can be pronounced tai.

Lastly, 犬. This comes from symbolizing standing on two hind legs, and the 、at the top right represents the ears. So there’s not relation to 大 or 太.  By the way, the reading ken came from copying the pronunciation of how the dog barks.

Advertisements